• 菊池酒造について

    「燦然」「木村式奇跡のお酒」「倉敷小町」の蔵元である菊池酒造は、かつて千石船が行き交い備中玉島港町(現岡山県倉敷市玉島)として繁栄した昔の問屋街の一角にあります。明治11年に創業。数多い酒の中にあって一段と輝く素晴らしい酒であるようにという願いから、酒銘を「燦然」(さんぜん)と名付けました。
    酒造りの期間中は、モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、酒米の王様「山田錦」や岡山の誇る酒米「雄町」、また「朝日」「アケボノ」といった酒造りに適した米を使い、優れた水質を誇る高梁川流域の水と、各品評会で常に高い評価を受ける備中杜氏の卓越した技をもって、品質本位をモットーに伝統を守った酒造りを行っています。この結果、出荷先は岡山県内に留まらず、特産酒米・雄町米を使用した純米酒を中心に首都圏をはじめとする県外にも出荷しております。また特定名称酒の売上比率が90%以上、(大)吟醸・純米(大)吟醸の比率も50%以上と、比較的高価な清酒の比率が高いことも特徴の一つです。
    さらに近年では、貯蔵設備の整備、サーマルタンク、火入れ装置の高度化、最新の洗米機・キャッパーなどの導入を行うなど、品質を高めるための設備投資も積極的に行っています。
  • 海外展開について

    昨今海外の多くの国で和食の人気が高まっていると言われており、近年では2013年の和食のユネスコ無形文化遺産の登録や2020年開催予定の東京オリンピックなど、より和食が海外で注目を浴びやすい状況となっています。
    この世界的な潮流に対し、菊池酒造では2013年からのアメリカ合衆国への出荷を皮切りに、2016年現在、オーストラリア、中華人民共和国(北京、香港)、シンガポール、イギリス
    への輸出を行っております。 これら輸出先国には、直接当社から蔵元が顧客先に伺い、現地の日本酒の消費の動向の確認や、自社のお酒の特徴やおすすめの楽しみ方を顧客先に紹介するなどして、海外のお客様にもより当社商品や日本酒を美味しく楽しんでもらえるように努めております。
  • 専務取締役

    菊池 大輔

    異分野からの転身、新たなる挑戦

    都内大学院修了(修士課程)後、大手電機メーカーの研究所に3年間勤務。この間、主にロボティクス・メカトロニクス関連の研究を行っていました。2010年4月に帰岡し、菊池酒造株式会社に入社。主な新規取組みに、首都圏での販路拡充や輸出事業の立ち上げ、インターネットを使った情報発信・販売等が挙げられます。異分野出身ならではの視点で商品企画や販路開拓を行いつつも、地道な品質本位の酒造りへの真摯な姿勢が重要と考え、冬季は酒造りもわずかながら手伝っております。

    ※クリックすると拡大できます。

  • 専務取締役

    菊池 大輔

    > 異分野からの転身、新たなる挑戦

    都内大学院修了(修士課程)後、大手電機メーカーの研究所に3年間勤務。この間、主にロボティクス・メカトロニクス関連の研究を行っていました。2010年4月に帰岡し、菊池酒造株式会社に入社。主な新規取組みに、首都圏での販路拡充や輸出事業の立ち上げ、インターネットを使った情報発信・販売等が挙げられます。異分野出身ならではの視点で商品企画や販路開拓を行いつつも、地道な品質本位の酒造りへの真摯な姿勢が重要と考え、冬季は酒造りもわずかながら手伝っております。 ※クリックすると拡大できます。

  • 営業時間・アクセス

    菊池酒造 株式会社

    (営業時間)
    平日月~金 10:00~17:00
    (住所)
    〒713-8121 岡山県倉敷市玉島阿賀崎1212
    TEL 086-522-5145 FAX 086-522-5146
    (アクセス)
    ●お車の場合:JR新倉敷駅より車で約12分
    ●公共交通機関の場合JR新倉敷駅から寄島総合支所前行バスで6分
    玉商グラウンド前バス停下車後 徒歩約3分